進め!演出家ひなたなほこ


演出という創造

10月公演の「ひなた号の冒険〜7つの島の伝説〜」は、全てひなたなほこのオリジナル楽曲、脚本、そして演出、さらには主演というひなたなほこのマルチな才能が総合的に発揮される魅力のエンターテインメントです。

本番へ向けての稽古が始まっていますが、稽古は演出家としてのひなたなほこと役者たちとの創造の場。これは大人のキャストも子供のキャストも同じです。一人一人が表現者として、本物の芸術を創るため、厳しい稽古に励んでいます。

ソロのパフォーマンスと違い、ミュージカルは大勢のキャストが世代を超えて協力しなくてはなりません。それぞれが自分の役割に責任を持ちつつ、一つ一つの場面でお互いに息の合った演技をしなくてならない。そのビジョンを見せて、納得させ、新たな創造を促すのが演出家の役割で、役者の魅力を引き出し、モチベーションを高め、時間と空間の制約の中で組み合わせ、流れを作っていきます。

演出という表現は、直接は表に出てきませんが、これこそがひなたなほこの真剣勝負。その進捗は、これからも少しずつお伝えします!

個人の特別協賛チケットでは、特典として稽古場の見学が付いています。稽古場を公開することは、滅多にないことですので、創造の現場にご興味や関心のある方にとっては貴重な機会です。ぜひ、ご購入を!

チケット発売開始!

チケット購入はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA