【稽古場レポート】ひなた号航海(準備)日誌 DAY5

今回は稽古場レポート第5弾。

 

ナンバーを発表会の様子をお送りします。

 

稽古途中での発表会の様に1曲1曲を確認していく日。

 

可能性もあり、大人も子ども達も

 

キャスト一同かなり緊張感のある日でした。

 

是非、写真とともにレポートをお楽しみ下さい。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつも元気いっぱいな稽古場が、今回は一段と賑やかに。

 

 

今日はオールキャストによる全ダンスナンバーの内部発表の日。

 

現時点での仕上がり具合を一部衣装も着けながら確認します。

 

 

 

以前の稽古で見たときとは、格段に完成度が違います。

 

 

それぞれの曲ごとに輪郭がハッキリとして、作品の全体像がタンスを通して見えてきた感じを受けました。

 

 

それにしても凄い曲数。振り付けを覚えるだけでも大変そう。

 

 

休憩を挟んで、後半は数曲をピックアップして、ナンバーごとに細かな動きや表情などをチェックしていきます。

 

 

ダンス指導のカナミ先生の、動き方や目線の位置、顔の表情などの指示の前後では、ただ振り付けどおり動いている感じから、芝居の一部としてのダンスに変化していく様子が手に取るように伝わってきて感動しました。

 

 

今回はダンス中心の稽古でしたが、これにまだ歌や芝居もある。ミュージカルを作り上げるのって、本当に大変なんですね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

明日も稽古場レポートを更新します!

 

お楽しみに♪